ときわ書房 イトーヨーカドー船橋店 最新情報

ゆっくり本を選んでもらえるように、児童書コーナーには椅子と机をご用意しております。
毎月第4日曜日には、楽しいお話会と折り紙教室を開催。
ご参加お待ちしております(^^)
ヴォイド・シェイパ

森博嗣先生の新刊が発売になりましたね!
今回もスカイクロラシリーズのように写真に透明のビニールカバー付き、水墨画のようなぼやけた山影が素敵です。
そして今回はなんと剣豪小説。山の中で剣法家カシュウと暮らしていたゼンが、師の死とともに山を降り剣術修行の旅をする、というストーリーなのですが、いわゆる剣豪小説といわれるものとはだいぶ印象が違います。
でも森ワールド全開なのでファンにはたまらない一冊。

日時 2011年04月28日 18:03 |

ロマンス

ジョーカーゲームで大ブレイク!の柳広司さんの新刊が発売。
昭和8年。子爵家に生まれた麻倉清彬は、友人の伯爵家長男の殺人容疑を晴らした。それは新しい謎の始まりだった・・・
個人的にも大好きな昭和初期の貴族階級のミステリ。しかも主人公がロシア人の血を引く子爵と伯爵の長男というコンビ。
退廃的な世相の中で生きていく日本の貴族階級たちの心の闇に踏み込んだ意欲的長篇ミステリーということで、読む前から女子心がうずうずします(#^.^#)


日時 2011年04月25日 15:58 |

図書館戦争、図書館内乱文庫になりました!

有川浩さんの図書館戦争と図書館内乱が文庫で発売。
正義の味方、図書館を駆ける!―公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ。
こうして筋書きだけ見ると?な感じかもしれませんが、魅力的なキャラクタや焚書坑儒と戦う熱い戦闘シーンなど読み始めると止まらない面白さなんです!
なんと文庫オリジナルの番外編や児玉清さんとの対談を収録。
そして危機、革命、別冊1、別冊2とシリーズすべて続々と文庫化予定。できればレインツリーの国もシリーズとして本棚に揃えてくださいね。内乱の作中に出てくる架空の小説だったのですが、後に有川さんが書き下ろしたものなのです。
アニメも第二期やってくれないかなぁ・・・

日時 2011年04月23日 19:49 |

ナニワ・モンスター

海堂尊さんの新刊が発売!
浪速で新型インフルエンザが発生。経済封鎖による壊滅的打撃、やがて仄見える巨大な陰謀。ナニワの風雲児・村雨府知事は危機を打開できるのか。海堂サーガの新章開幕。近未来を透視する、メディカル・サスペンス。
海堂さんといえば、マドンナ・ヴェルデのドラマも放送が始まりましたね。映画ジーンワルツも良かったし、バチスタシリーズしかり海堂作品の映像化はどれも素晴らしい出来ですね(^^♪
今回の地震に際し海堂さんはゴーゴーAiの印税全額を出版社を通じ被災地に寄付されたそうです。
現役の医師である海堂さんのHPはとても充実していて面白いですよ。色々勉強になります。

日時 2011年04月21日 20:36 |

心を整える

心は鍛えるものではなく、整えるもの。いかなる時も安定した心を備えることが、常に力と結果を出せる秘訣。本書では、誰もが実践できるメンタル術を紹介する。プロサッカー選手初の自己啓発書。
アスリートの本にありがちなエッセィではなく、箇条書きで順序立てて自分なりのサッカー論を述べているので興味深く読めましした。
調べてビックリだったのがときわチェーン全店で既に200冊以上売れていました!平積み減るの早いな〜とは思っていましたがここまでとは。5/25には長友選手のエッセィ「日本男児」も発売になる予定。絶賛ご予約受付中です!

日時 2011年04月19日 20:11 |

天魔ゆく空

真保裕一さんの新刊はちょっとびっくりの時代小説です。
絶大なる権力を握る「半将軍」。あるいは妖術を操る希代の変人。信長に先立つこと70年、よく似た人生を送り、戦国時代の幕を開けた武将・細川政元を、新しい視点から描き切る渾身の歴史長編。
和田竜さんののぼうの城、北沢さんの哄う合戦屋、富樫さんの早雲の軍配者や冲方丁さんの天地明察などなど、新感覚時代小説が増えている昨今ですがこの作品がどんな風か楽しみに読みたいと思います!

日時 2011年04月15日 19:47 |

本屋大賞決まりましたね☆

今年も本屋大賞が予定通り開催。
東川篤哉さんの「謎解きはディナーの後で」が大賞を受賞されました!パチパチ(^^♪
テレビCMの効果か、はたまた執事効果か(笑)小学生にまで読者層が広がっている模様。ユーモアミステリなのでとても楽しく読めるのですが、実はダイイングメッセージや密室殺人など本格ミステリの要素を盛り込んだ本格派。この機会にミステリファンが増えるといいなあ、と思う今日この頃デス。
授賞式のスピーチで、投票してくださった東北の書店員さんの1票を無駄にはできないという気持ちで開催を決定した、とのお話がありちょっとうるうる来ちゃいました。

日時 2011年04月14日 21:37 |

スーサ/スパイクス

あさのあつこさんの新刊が2冊も発売になりました。
「スーサ」は時空を超え、あらゆるものを売買するという幻の商人スーサ。事故で急逝した親友に会いたいと願う歩美。深夜、スーサが現れ、歩美の漆黒の長い髪と交換に取引が成立。歩美の冒険が始まる…。勇気が出るファンタジー。
「スパイクス」は本能で走る碧李と、レースの天才・貢。ライバルが対峙した時、その走りに化学反応が起きる…。反発しながら求め合う2人の少年。その肉体と感性を瑞々しい筆致で描いた、著者史上最高最速小説。
毛色の全く違う作品ながら、どちらもあさのさんらしいなぁというのが感想。読者が何歳でもあっという間に作品世界に入り込めてしまいます。
10代の少年少女の激情だったり冷めたところだったりをとても上手く描いていて読後感が抜群。読みやすいので小学生からおすすめですよ(#^.^#)

日時 2011年04月11日 16:11 |

ユリゴコロ

沼田まほかるさんの新刊が発売☆
亮介が実家で偶然見つけた「ユリゴコロ」と名付けられたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。創作なのか、あるいは事実に基づく手記なのか。そして書いたのは誰なのか。謎のノートは亮介の人生を一変させる驚愕の事実を孕んでいた。圧倒的な筆力に身も心も絡めとられてしまう究極の恋愛ミステリー!
ホラーサスペンス大賞出身者なのですが、まほかるさんの場合本当に怖いです。ホラーの意味じゃなくて、人間の悪意とか誰でも持っている闇が蓋を開けるのを目撃する怖さです。ブルブル(>_<)

日時 2011年04月06日 21:26 |

ホテルパラダイス銀河

インディゴシリーズでおなじみ、加藤実秋さんの新刊はどこかで聞いたようなタイトル・・・。昔ローラースケートで歌ってた人たちの曲のタイトルだったような。
平成の駆け込み寺が東京・上野にあった!!トラブルを抱えた人や不法滞在する外国人等、曰く付きの客ばかりの「ホテルパラダイス銀河」。とある事情でこのホテルで働く西島京志はトラブル処理に奔走する!
個性豊かな若者たちが町を駆け抜ける爽快感や仲間同志の絆とか、やっぱり加藤実秋作品は読んでいてわくわくします。

日時 2011年04月02日 21:26 |



最新の記事

  • 【ポケモントレッタ ドリームBOX】発売中!
  • ニッポンの嵐
  • フラッシュ・ポイント
  • 11 eleven
  • 発見!角川文庫2011始まりました!


  • <<   2011年04月   >>

    Su Mo Tu We Th Fr Sa
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    書庫

  • 2013年07月 (1)
  • 2011年06月 (14)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (10)
  • 2011年03月 (11)
  • 2011年02月 (11)
  • 2011年01月 (12)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (13)
  • 2010年10月 (16)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (11)
  • 2010年07月 (19)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (19)
  • 2010年04月 (25)
  • 2010年03月 (17)
  • 2010年02月 (9)
  • 2010年01月 (8)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (24)
  • 2009年09月 (29)
  • 2009年08月 (27)
  • 2009年07月 (30)
  • 2009年06月 (25)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (3)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (11)
  • 2008年10月 (10)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (7)
  • 2008年05月 (6)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (1)